企業の取り組み事例

一覧へ戻る

株式会社菓匠三全

〒980-0804 宮城県仙台市青葉区大町2-14-18
TEL.022-267-3000

菓匠三全の理念である「微笑みづくり」の基、SDGsの達成に向けて積極的に貢献していきます

SDGsゴール達成

  • 12. つくる責任 つかう責任
  • 13. 気候変動に具体的な対策を
  • 14. 海の豊かさを守ろう
  • 15. 陸の豊かさも守ろう

次世代リーダーからの評価点数:2.5点/5点

SDGs取り組み内容

【取り組み概要】
豊かさを追求しながら地球環境を守ることに鑑み「プラスチックの使用削減」及び「紙の使用削減」に取り組んでいます。

【取り組み内容】
「資源・廃棄物制約」「海洋プラスチックごみ問題」「地球温暖化」等の問題への対策として、「プラスチック手提袋」及び「紙製手提袋」の排出抑制促進のため、全ての手提げ袋を有料化いたします。また、いただいた手提げ袋代の一部は、環境保全団体に寄付することで、地域環境の保全に役立てます。

【今後の展開】
これからの活動では、弊社社員も皆様とともにSDGsの持続可能性について学ぶ工夫を加え、人材育成にも力を入れていきます。

SDGsに取り組んだ経緯

菓匠三全では法令遵守やコーポレート・ガバナンスを基本にしつつ、CSR活動に取り組んで参りました。これに加え、地域社会に対してもメセナ活動をしております。このような中で、「持続可能な開発目標(SDGs)」(17の目標と169のターゲット)が国連で採択され、「世界に通用する会社」を目指す上で、持続可能性(サステナビリティ)の共通言語になり得るものとして認識いたしました。

企業PR

私ども《菓匠三全》は、昭和22年の創業以来半世紀にわたり、"お客さまにご満足いただける菓子づくり"をめざして、社業に励んで参りました。
仙台銘菓「萩の月」をはじめとする約120種類に及ぶ和洋菓子は、現在、宮城県内はもとより岩手、山形、福島の65店舗で販売されております。
社名の『三全』は、当社の誓いである「お客さまへのサービス」「喜働の職場づくり」「堅実経営」の三つの完全をめざす精神に由来します。
本社、中央研究所では、21世紀にふさわしい新商品の開発に取り組んでおり、毎年出品している世界の食品コンクール《モンドセレクション》において、これまでも『ロワイヤルテラッセ』『ら・ふらんす』などが、最優秀賞である特別金賞を受賞しています。

この取り組みに対して評価を行う場合はこちら

次世代リーダーの登録をされている方は、管理画面より評価をしていただけます。
まだ次世代リーダー登録をされていない方は、まずは次世代リーダーとして登録を行なってください。

SDGsログからの一言

次世代リーダー総合評価