企業の取り組み事例

一覧へ戻る

株式会社SUSTAINABLE JAPAN

〒860-0803 熊本県熊本市中央区新市街13番10号
TEL.096-353-0750

海洋ゴミ・マイクロプラスチック回収

SDGsゴール達成

  • 14. 海の豊かさを守ろう

次世代リーダーからの評価点数:4.5点/5点

SDGs取り組み内容

弊社はSDGs14項目の海の豊かさを守ろうに焦点をあて、海洋ゴミの回収事業を行っております。具体的にはSeabinという海洋ゴミ回収機を漁港、マリーナ等に設置し浮遊する海洋ゴミを回収します。Seabinは昨今、話題となっているマイクロプラスチックまでも回収できます。現在、日本では湘南の江ノ島の2基しか設置されておらず、今後日本での導入が期待されております。弊社ではSeabin普及の為の活動、実証実験を続けております。弊社のコンセプトでもある「未来の子供達の為に綺麗な海を残す」を実現する為、日本全国の漁港・マリーナにSeabinを設置できる様、頑張っていきます。

SDGsに取り組んだ経緯

5年前に弊社、代表取締役社長、東濱が母方の実家の目の前にある漁港を訪れた際、祖父祖母とよく遊んでいた昔の漁港とは違い浮遊ゴミで溢れかえっていたそうです。そのゴミの量、汚さに驚きこのままではダメだ!という気持ちから即行動し始めました。当時、日本には無かったSeabinを見つけ、これを使い海を綺麗にしたいと思い、法人を設立しSeabinの取り扱いを開始しました。

企業PR

この取り組みに対して評価を行う場合はこちら

次世代リーダーの登録をされている方は、管理画面より評価をしていただけます。
まだ次世代リーダー登録をされていない方は、まずは次世代リーダーとして登録を行なってください。

SDGsログからの一言

次世代リーダー総合評価