企業の取り組み事例

一覧へ戻る

有限会社 石井青果

〒298-0002 千葉県いすみ市日在2817-1
TEL.0470-62-8324

【もったいないで世界を明るくカラフルに】食品ロスから生まれた野菜パウダー

SDGsゴール達成

  • 3. すべての人に健康と福祉を
  • 5. ジェンダー平等を実現しよう
  • 8. 働きがいも経済成長も
  • 12. つくる責任 つかう責任
  • 15. 陸の豊かさも守ろう
  • 17. パートナーシップで目標を達成しよう

次世代リーダーからの評価点数:5.0点/5点

SDGs取り組み内容

①取り組み概要
規格外野菜・果物の食品ロス削減のためパウダーへ加工し付加価値をつけて全国へ届ける

②取り組み詳細
・12. /15.
規格外として廃棄処分される農産物を新鮮なままパウダー・ピューレ・ジュース・乾燥・冷凍加工し食材を余すことなく活用することで流通においてネックであった鮮度を保ち長期保存可能で配送コストも大幅に抑えることができ生ゴミ等廃棄ロス削減とともにエシカル消費推進にも貢献

・3.
完全無添加で安心して野菜の栄養素を簡単に摂取可能
粉末加工することで野菜の栄養素はそのまま基本混ぜるだけで誰でも簡単に活用でき、さらに野菜の天然色素により安全に彩りをそえることが可能
活用方法は無限大で普段の食卓はもちろん離乳食・介護食・療養食・飲食業・製造業(パン・和洋菓子・飲料・麺など)の他、ビーガンやベジタリアン、ペットまで幅広く多くの人の健康をサポートできる

・17.
全国で数少ない農産物の一次加工工場を最大限生かして様々な業種の企業や自治体とOEM(受託加工)や商品開発でパートナーシップをとり一緒に取り組み目標達成を目指す
市場や全国の生産者と連携し規格外品はもちろん地域資源を買取しSOSを救済できるよう尽力

・5. / 8.
加工工場を新設することで生産性を高め長期的な経済成長を継続し、製造工程を機械化・マニュアル化することで誰でもできる環境を整え障碍者やすべての労働者の権利を保護し安心・安全な労働環境を促進する
また、工場併設のテストキッチンをレンタルスペースとして提供し主に料理教室やセミナー開催の他、製造販売など地域活性化と女性が輝ける仕組みとコミュニティを構築し働く女性の起業を応援

③今後の展開
2020年12月に工場完成し本格稼働に向けて積極的に情報配信しております
自社HPおよびネットショップをリリースし全国販売致します

SDGsに取り組んだ経緯

長年、事業を通して生産者様の畑や市場をみてきましたが、日本の食品ロスの中でも深刻な問題とされている大きさ・形・色が少し悪いだけで『規格外』として廃棄されてしまう野菜や果物は世の中が変化する中でも増える一方でいつも心を痛めていました。
そこでこの問題を解決するために出した答えがパウダーやピューレに加工することです。
そのため日本で初めて八百屋が新規事業を立ち上げ青果一次加工工場をつくり、付加価値をつけて販売し全国のいろいろな業種の方へ活用していただくことでつくる人もつかう人も1人1人が食品ロス削減に取り組める『誰一人取り残さない』持続可能でより良い世界の実現に貢献できることを願っています。

企業PR

弊社は千葉県いすみ市で青果の卸販売をしております。
代表自ら地元農家を中心に東京都中央卸売大田市場より全国の新鮮で旬の農産物を長年のノウハウを生かし、確かなプロの目利きで厳選し買い付けしたものを主に県内200店舗以上のコンビニ・学校給食センター・介護施設・保育所・農産物直売所・飲食店へ納品しています。
3t冷蔵トラック2台その他配送車3台を保有し、新鮮な状態で納品可能なため品質の良さには自信を持っています。
規格外の野菜や果物を加工するのは下処理が難しく何倍もの時間と手間がかかり大きな問題点ですが私達だからこそ可能となっています。

この取り組みに対して評価を行う場合はこちら

次世代リーダーの登録をされている方は、管理画面より評価をしていただけます。
まだ次世代リーダー登録をされていない方は、まずは次世代リーダーとして登録を行なってください。

SDGsログからの一言

次世代リーダー総合評価