企業の取り組み事例

一覧へ戻る

あいち補聴器センター

〒444-0862 愛知県岡崎市吹矢町69
TEL.0564-24-4733

聞こえの応援団活動

SDGsゴール達成

  • 3. すべての人に健康と福祉を
  • 4. 質の高い教育をみんなに
  • 5. ジェンダー平等を実現しよう
  • 10. 人や国の不平等をなくそう

次世代リーダーからの評価点数:5.0点/5点

SDGs取り組み内容

「聞こえの」応援団活動
地域社会の身近な難聴者の方に向けての聞こえの応援団活動に取り組んでいる。具体的には、補聴器イメージ変え、ネイルのようにデコレーションする「デコ補聴器」や日本語字幕のある邦画上映を通した「映画のバリアフリー」、音楽を楽しむことで難聴児と健聴児の垣根を取り払うイベント開催など。難聴者の「あったらいいな」を実現する一方、難聴障害と難聴者にとって視線を気にしがちな補聴器に対する地域社会のイメージと意識の変化を図っている。

・笑顔になれるデコ補聴器
「デコ補聴器」は「隠したいもの」から「自慢したいもの」に変える取り組み。多くの難聴者(特にお子様)は補聴器をつけることに恥ずかしい、隠したいというコンプレックスがあります。デコ補聴器はそんな思いを前向きに変えていく。そして地域社会にもっと難聴と補聴器への理解を深めてもらいたい」という思いから、福祉行事、高校、大学、聾学校などでデコ補聴器の制作を体験してもらうイベントを開催し、難聴・補聴器の理解を深めています。

・日本語映画字幕情報発信
難聴者から頂いた「邦画を映画館で見て、みんなと同じタイミングで笑いたい!」という声。3年以上前から愛知県内で毎月、日本語字幕に対応した邦画を上映する映画館を店頭、HP、ブログなどで紹介。多くのボランティアの協力を得て、難聴・健聴関係なく楽しめる「岡崎字幕映画祭」を開催。上映では会話、効果音など全て字幕が付いた。近い将来、全ての映画館で、字幕が選択できる社会になることが夢であり、目標です。

・難聴児、障がい児、健聴児が一緒に楽しむイベント「音あそび」
難聴児、身体・知的障害児、健聴児が一緒に楽しむ音楽ワークショップ「音あそび」。障害の有無に関係なく、南米音楽を一緒に楽しんでもらうことで相互理解につなげてもらうイベント。毎年、30人ほどが参加している。歌を歌ったり、笛を吹いたり、太鼓を叩いたりします。音楽というテーマで同じ空間、空気を共有することは多様な存在を一つにする力を持っていると感じます。今年も2月に開催。毎年のライフワークです。

・今後も
あらゆることがバリアフリーの世の中になる未来。加速する超高齢社会に伴い、難聴者の増加が予想される中、補聴器を取り扱う店舗の多くは「売るだけ」にとどまっているのが現状。岡崎の小さな企業だが、本当の意味で難聴者と家族が笑顔になる「聞こえの応援」を、販売に終始している他の店舗に広げ、日本語字幕のある邦画上映など、バリアフリーが当たり前の地域社会になってほしい。

活動は地道でも、続けなければ意味がない。デコ補聴器、日本語字幕邦画の上映、休・祝日の受診可能な耳鼻科医情報、さまざまな補聴器を含めた「聞こえ」に関する豆知識を掲載したニュースペーパー(ダイレクトメール)などによる情報発信、出張・主催イベントを毎月、毎年継続している。





SDGsに取り組んだ経緯

補聴器店が地域で果たせる役割を追求したいと思ったこと。補聴器店は補聴器を「売る」ことだけが仕事ではない。聞こえに困っている難聴者やその家族の悩みや気持ちに相手の立場に立って向き合うことが仕事の本質なのだと考え、店舗や自らができる範囲だけれども、聞こえの応援を始めた。

企業PR

愛知県岡崎市にある補聴器専門店です。近年では補聴器販売以外にもオーダーメイドイヤフォン(カスタ ムIEM)の販売なども行っております。7店舗(岡崎本店・楽天・Yahoo3店・ポンパレモール・aupayモール)のみの会社ですが、テ レビが良く聞こえるワイヤレス補聴器(中部地方で販売台数NO.1)などお客様から大きな評価を頂いて おります。

補聴器のイメージを変えたい!という思いでスタートした「デコ補聴器」も、全世界に先駆け て行った弊社オリジナルのサービスです。現在(2020年1月)までに300回以上のテレビ、新聞、雑誌 などメディアに取り上げられております。

多くのありがとう!のために。

補聴器業界にイノベーショ ン(革新)を起こすべく、日々「聞こえ」のために頑張る会社です。

この取り組みに対して評価を行う場合はこちら

次世代リーダーの登録をされている方は、管理画面より評価をしていただけます。
まだ次世代リーダー登録をされていない方は、まずは次世代リーダーとして登録を行なってください。

SDGsログからの一言

次世代リーダー総合評価